昭和二十年代後半の不朽の名作 “すれ違いメロドラマ” 「君の名は」

画像


「忘却とは忘れ去ることなり 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ・・・」東京大空襲の夜に互いの命を助け合った男と女は、半年後に数寄屋橋での再会を約束し別れるが…。ふたりの男女の悲劇的な愛を岸惠子、佐田啓二主演で描いた名作メロドラマ(松竹映画)

「君の名は」は戦後間もない頃、最初はNHKのラジオドラマとして放送になった。ラジオが始まる時間になると銭湯の女湯から女性客がいなくなるという伝説を生んだ。

その映画化、舞台化、テレビ化がされていく。特に松竹の映画で、春樹役の佐田啓二(俳優:中井貴一さんの父)と真知子役の岸惠子が出演した話の中で生まれた、ストール(マフラー)の真知子巻きというかぶり方が昭和の女性の間で話題になり流行った。

PS.ちなみに自分はその頃の同じく映画やテレビで有名なものに、看護婦さんの恋愛奮闘を描いた「愛染かつら」(映画では上原謙(=加山雄三の父)と田中絹代が演じた)のテーマ曲「旅の夜風」の唄が好きです。テレビでは(昼メロ=昼のメロドラマ)という言葉が生まれた。


君の名は 総集篇 [DVD]
松竹
2010-11-26


Amazonアソシエイト by 君の名は 総集篇 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


旅の夜風/悲しき子守唄
日本コロムビア
1992-08-21
霧島昇


Amazonアソシエイト by 旅の夜風/悲しき子守唄 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック