テーマ:グルメ

クリスマスのドイツの菓子パン「シュトーレン」でイブの日を待つ。

子供の頃、私は12月のアドベント・カレンダーというのを、どこかで見たことがあった。キリストが生誕したその日を待つ約4週間の間、カレンダーの窓を一日ずつ開けていって、その日を指折り数えて待つというものだった。 西洋キリスト教の降臨節(こうりんせつ)というクリスマスのイベントのことだ。日曜日ごとにローソクの火を灯して行ったりする。 …

続きを読むread more

最近の青汁事情に興味あり

 健康食品の一つに青汁がある。多くは粉末状で売られていたりするが、素材の野菜の色である緑色を称して青汁という。  食物繊維の豊富なキャベツのような野菜ケールを主原料にしたもの、大麦若葉末や明日葉末などを用い、抹茶や煎茶で味付けしたもの、オリゴ糖やハチミツを入れて飲みやすくしたものなど最近は色々出ている。  他にも、発酵黒生姜…

続きを読むread more

天然だしのお味噌汁が飲みたい~

親の世代、我が家にも以前は、鰹節削り器(カンナのついた箱)があった。今はどこかに仕舞われたのかない。 お鍋や湯豆腐をするときに、昆布さんを鍋のそこに敷いて作ることはある。 煮干し(魚)でだしを取ることは、殆どやったことがない。 ちなみにうちのお味噌汁は、ダシ入り味噌をスーパーで買ってきて、粉末の化学調味料だしを入れ…

続きを読むread more

古くて新しい「ブラックニッカ クリアブレンド」ウヰスキー

 現在、アサヒビール(株)では、ヒゲのハイボールで、笑おう!大泉洋さんのTVCMを放映中!『ブラックニッカ クリアブレンド』ウイスキーで楽しく盛り上がっています。  ニッカ・ウヰスキーって、『い』の字を旧字体で書くのが、昭和の子供の自分には懐かしい。ウィスキーっていうと、モルトだとかスコッチとかの言葉を思い出す。バーやスナックと言…

続きを読むread more

ブログネタ:これを食べるとホッとするもの、教えて!

コンビニで売られているモノで…、 口に入れるとホッとするのが、赤飯おにぎりです。(笑) 以前に、外国人の方で、コンビニの赤飯おにぎりのフリークの人がいて、定期配達されるそのビジネス街に近い海辺のコンビニでは、いつの間にか、赤飯おにぎりだけが、売れ切って行く話を、テレビでやっているのを見ました。 普通の海苔巻き、塩むすび系よ…

続きを読むread more

銀座の珈琲、カフェーパウリスタ☆

 明治44年(1911年)ブラジル産の本格的コーヒーを“喫茶店”という形で、誰もが気軽に楽しめるように、日本に紹介して広めたのが、ここ東京銀座のカフェーパウリスタさんだと云う。現在でもお店が銀座・中央通り、資生堂パーラーさんのお向かいにある。    銀座をそぞろ歩いて散策する「銀ブラ」という言葉は、元々はここカフェーパウリスタさんに…

続きを読むread more

柚子こしょうチャーハン

 食べるラー油が、流行していることで思い出した。辛くて美味しい料理の話。 九州が発祥の地である調味料「ゆずこしょう」を使ったチャーハンがある。 NHKテレビのバラエティ番組で、グッチ裕三が氷川きよしに作って食べさせていたもので、ネットでググったら、教育テレビ関連の「みんなのきょうの料理」ってサイトにレシピが、まんま紹介されていた…

続きを読むread more

お洒落なイタリアン・カフェの話

☆おいしいカフェ・カプチーノの入れ方  カプチーノという名称はキリスト教カトリックの僧が被る頭巾であるところの=カプッチョにその色がよく似ていた所から名付けられた。その味わいは、コーヒー、オレンジ、クリーム、シナモンの四重奏が巧みにマッチした独特の香味を作り出すところにある。あたかも遺跡の国イタリアの紺碧の空、海、白い建物、古き良き時…

続きを読むread more

日本の天然水(フロムアクア)

 かつての日本は、水と社会の安全は無料で提供されているのに等しい国と言われました。時代が変り、昨今は暮らしのセキュリティもおいしい水も手に入れるには、少しの個人の努力と責任が必要になりました。さておいしい水の話です。日本の山がちな国土からは、恵まれた清流が生まれ、「日本名水百選」などが人々に尊ばれます。外国のブランド・ミネラル・ウォータ…

続きを読むread more

忘年会の季節

 このたび、リクルート社系のグルメ・サイトがリニューアルをして、「FooMoo」(=フームー)と名前も新たに生まれ変わったそうだ。グルメのお店を検索するサイトで何が楽しいかと言えば、クーポン券のゲットかな…。この冬は更に、忘年会にむけてスペシャルなプレゼントもあるらしい…。  忘年会といえば、もう20年以上も前の話になるけど、成人社会…

続きを読むread more

ワインの話

 入門者向け<フランスワインのラベルの読み方>のお話。ワインの格付けの概念としてEC(全ヨーロッパ)の規定した4つのカテゴリー分けがある。【安価なテーブル・ワイン】を意味するヴァン・ド・ターブル。ラベルの商品名称の次などに<VIN DE TABLE FRANCAIS 12°>などとあったなら、ヴァン・ド・ターブル・フランセ 12度となり…

続きを読むread more