テーマ:写真

便利になったスマホ・カメラ。LINE Camera(アプリ)を使ってみた。

“スマフォト”撮影がより手軽に楽しめるようになった。アプリ「LINE Camera」を使ってみた。 最近のスマホのカメラは性能がいいと聞くが、アプリを使って撮ると面白い。撮影に関する機能が充実していたり、加工機能が付加されていたりする。 アプリ「LINE Camera」には、写真の色味や雰囲気を一瞬で変更できる数十種…

続きを読むread more

アニメ「風立ちぬ」劇場内販売、映画パンフレットの画像写真12枚

「風立ちぬ」をお盆にTOHOシネマズへ観に行った時に、劇場で購入をしたパンフレット。昔から映画館では、売られているものだが、じぶんは気に入った映画だと記念によく買ってくる。それをうちのデジカメで撮影しました。(定価600円) ☆画像の上で、クリックをすると、拡大して見ることが出来ます。 …

続きを読むread more

震災復興 陸前高田市 けせん朝市 三陸わかめ

 ゴールデン・ウィーク前半にあたる、先日4月27日(土)、東京「両国にぎわい祭り」に出かけた。国技館の横に、露天マーケットが出ていた。その一角にこの度の震災で被災した陸前高田市のブースが開設されていた。写真は、その時購入した三陸わかめだ!。 名称:湯通し塩蔵わかめ 原材料:わかめ(三陸産)、食塩 販売者:川端商店 岩手県陸前高…

続きを読むread more

母の想い出

本日は、5月の第2日曜日「母の日」だ。昭和10年生まれの私の母親は、自分が23才の時他界したが、忍耐強いやさしい人だった。 小学校へ上がる前であったか、母に紐の結び方(チョウチョ結び)を教えて貰った時の面白いエピソードがある。 昭和40年頃のことだ。当時、結婚式の引き出物には、鯛のお頭つきや、赤飯がでた。魚の鯛はそう…

続きを読むread more

春の里山フォト(神奈川県小田原、松田町ほか)

☆写真画像の上にてクリックをすると、拡大して見ることが出来ます。 小田原、曽我梅林にて 小田原の梅まつり 松田町の河津桜 松田山ハーブガーデンにて、つるし雛 秦野の里山にて 道祖神 いぬふぐり 箱根小田原・湯河原 2版 (まっぷるたびまる 9)昭文社 Amazonアソシエイト by …

続きを読むread more

デジカメ散歩…新緑の、植樹祭の公園

 写真は、平成22年5月23日(日)に神奈川県で開催された、第61回全国植樹祭が行われた県立秦野戸川公園です。当日はあいにくの冷たい雨でした。足柄森林公園・丸太の森で、御手植えをされた天皇皇后両陛下は、当地へ移動、ここでは式典が執り行われました。  写真中央は「風の吊り橋」と言います。これは平成10年に行われた「かながわゆめ国…

続きを読むread more

遅咲きの梅

東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花  主なしとて 春な忘れそ (菅原道真) 梅(むめ)一輪いちりんほどの暖かさ (服部嵐雪…芭蕉の弟子) 銭の花の色は清らかに白い だが蕾は血のにじんだように赤く その香りは汗の匂いがする ※テレビドラマ 「細うで繁盛記」より、作:花登筺(はなと こばこ) …

続きを読むread more

環境省・国民公園「新宿御苑(しんじゅく ぎょえん)」

 新宿御苑は、徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツといわれている。明治に入り、農事試験場を経て、明治39年(1906)に皇室の庭園となり、戦後昭和24年(1949)に国民公園として一般に公開された。広さ58.3ha(約18万坪)周囲3.5kmの園内には、フランス式整形庭園、イギリス風形式庭園、そして日本庭園が巧みにデザ…

続きを読むread more

秋の日のフォト

☆写真をクリックすると拡大して見ることが出来ます。 2008年11月19日(水)神奈川県秦野市弘法山にて この年の紅葉は少し色が暗い気がした。 急激な寒暖さが原因なのだろうか…。 写真は去年のものだが、 気に入ってパソコンの壁紙にしている。 2008.11.19の富士山。 弘法山の女坂から…

続きを読むread more

象のウメ子死す

 2009年9月17日(木)朝、小田原城址公園の象のウメ子(アジアゾウ)が永眠した。推定年齢62歳。人間の年齢で言えば100歳超えのお婆ちゃんであった。  ウメ子は、1950年10月小田原市がこども文化博覧会を開催した折に、推定3歳でタイから同公園にやって来た。以来半世紀以上の歳月が流れたことになる。私は1960年生まれであるが、…

続きを読むread more

横浜開港150周年記念博に散歩に行った。

 散歩がてら、現在開催中の横浜開港博の会場へ行ってきた。みなとみらい線の「馬車道駅」で下車して、海の方向へまっすぐ歩くと「万国橋」。すぐに正面右手に有料会場の「Y150はじまりの森」(新港地区8街区)がある。駅から徒歩3分程。「ラ・マシン」と呼ばれる動く蜘蛛のオブジェはこの中にある。そこを素通り迂回して、無料会場の赤レンガ倉庫の広場へ、…

続きを読むread more

東京散歩~旧古河庭園

 東京北区、本郷通りの沿線にあるお洒落な公園へお出かけしてきた。テレビドラマなどの撮影にもよく使われるのが上の写真の石造りの洋館。大正時代の古き懐かしき風情を残す、和洋の庭園が有名だ。入園料:一般150円。毎年、春と秋に咲く薔薇の花壇は有名で、フェスティバルなども開催される。自分が出掛けたのは、夏の暑い時期であったが、日本庭園の涼し…

続きを読むread more

高嶺の花

画像の上でクリックすると拡大して見る事が出来ます。  7月の盂蘭盆会が終わった。今年は13日(月曜日)の夕方に迎え火を焚いて、昨日16日(木曜日)に送ってあげた。写真は、お墓参りをした時に、裏山に咲いていたやまゆりのスナップだ。へなちょこ腕のカメラマンなので、コンパクトカメラでこの程度が精一杯。足場が斜面で撮り辛かったことも少…

続きを読むread more

デジカメ写真、Web画像テク

 コンパクトデジカメを持っている。結構それなりに撮れる。使用しているノートパソコンには、直接差し込めるメモリカードのスロットがついているので、簡単にパソコンのフォルダに取り込める。自分の流儀は次のようだ。まずカメラで撮影するときのファイル画素数は3万画素(3M)で撮る。写真の面積は2048×1536ピクセルの大きさのものが出来る。パソコ…

続きを読むread more

(A-COOP)農協のスーパーにて

 じばさんず(地場産’s)とは、その名の通り、地場野菜を売る農協のスーパー。それぞれの商品には、その作物をこさえた爺さん婆さんの生産者ネームが付いている。勿論お若い人もやってます。写真をクリックすると拡大してみることが出来ます。  農協つながりなのか、こんな商品も手に入ります。「イーハトーブ・花巻」ってのが何故か胸にしみるネ。…

続きを読むread more

ドブに落ちても根のある奴は…。

 下の写真は昨年7月22日に撮影をしたハスの花。仏教で云う西方浄土の極楽に咲く花でもあります…。♪~ドブに落ちても根のある奴は、いつかは蓮(はちす)の花と咲く…は、映画の寅さん「男はつらいよ」の主題歌の中の一節。 画像をクリックすると拡大して見られます。 ハスの蕾にとまるトンボ。

続きを読むread more

春のデジカメ散歩

 2009年4月、今年の桜は開花の期間が長かった。3月のお彼岸の頃に東京では開花宣言が出て、その後は寒い日が続き、入学式の頃に満開なのは、人生の思い出になって良かっただろう。写真は、父の実家のある山里に咲いていてイヌフグリの花と、図書館の花時計だ。  そう言えば、今年の花粉症は始まる時期が早かったような?、正月明け、節分前から鼻がむず…

続きを読むread more

曽我梅林

 小田原の梅の名所、下曽我の梅林では今お祭りをやっている。写真は主に別所梅林の会場で撮影したもの。  近くにある城前寺は、歴史・文学にゆかりのある場所だ。歌舞伎でも演じられる曽我の十郎・五郎兄弟の仇討ち話は、鎌倉の昔にさかのぼる。境内で五月に行われる傘焼き祭りはその曽我兄弟の仇討ちにちなんだものだ。  城前寺からすこし行ったところに…

続きを読むread more

九州の旅/阿蘇・熊本(3)

赤いライナー・バス 大観峰から見た「阿蘇五岳」。仏様が寝た姿「涅槃像(ネハンゾウ)」に見える。もしくは「寝観音」と呼ばれるやまなみ。左端から、根子岳-仏様の頭高岳・中岳-仏様の胸烏帽子岳・杵島岳-仏様の足(ひざ) 大観峰からみた世界有数のカルデラの様子。下に見える田畑がかつて火口だった。平らな山並みが外輪山の一部。 …

続きを読むread more

高千穂峡、真名井の滝を撮ったどっー!九州の旅(2)

 九州感動紀行(JAL・JTBのライナーバスの旅)二日目は、9時に湯布院のバス発着所を出発、やまなみハイウェイを長いことドライブして、宮崎県は高千穂峡に到着。滝の下をボートが浮かんでいる映像をテレビが放映した事でも有名になった真名井の滝をカメラにおさめた。あいにくの昨日の雨で水かさが増して、ボート乗り場は今日はお休みではあったが…。 …

続きを読むread more

JAL・JTBのライナー号、九州感動紀行の旅(1)

◎福岡 湯布院(一日目)  先日、二泊三日で九州に旅行をした。午前8時半の飛行機で羽田を出発、福岡空港を目指した。午前11時、現地の観光周遊ライナー・バスに乗車してその日は、太宰府政庁跡の史跡を見学、太宰府天満宮にお参りをして昼食、湯布院を散策してその後、温泉旅館に宿泊である。  ※写真はクリックすると拡大して見る事ができます。…

続きを読むread more

春の小田原(写真三葉)

※写真の上でクリックすると拡大して見られます。  先日、小田原城址公園の「御感(ぎょかん)の藤」の写真を撮りに行った。大正天皇が皇太子の時代に、この藤をご覧になって、美しいと感嘆の声を上げられたことから、この写真の藤棚はそう呼ばれる様になった。真ん中の写真は、小田原駅の中二階テラスにある、二宮尊徳の銅像。ご存知、薪を背負って書を読…

続きを読むread more