テーマ:仕事

コミュ障さんへ、コミュニケーション豆知識

コミュ障さんへ、コミュニケーション豆知識 コミュニケーションとは、意思疎通(いしそつう)、相互理解(そうごりかい)のことである。常にインタラクティブ(双方向性)であることでもある。 コミュニケーションをするのに、使える技術が3つある。 【言葉】:会話、メール、手紙など 【行動】:挨拶をして会釈をする。プレゼントを…

続きを読むread more

NHKのゴガク講座のテキストを買った

NHKのゴガク講座のテキストを買った https://www2.nhk.or.jp/gogaku/index.cgi 一回15分のラジオ英会話など4冊の4月開講の語学講座のテキストを買った、一冊450円程。 インターネットのWeb上で誰でも自由に、放送の翌一週間に限り、ラジオ語学番組は、ストリーミング配信を好きな時…

続きを読むread more

孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ) 新書

孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ) 新書 – 2017/7/6 五木 寛之 (著) 人の一生、人生は四季のようだ。春夏秋冬。これを「青春、朱夏、白秋、玄冬」と言うのだそうだ。本書のカバーに書かれてあった。 或いは人生を山登りに例えて、自分は山登りは、登っていく八合目あたりが最も…

続きを読むread more

☆らでぃっしゅぼーや!有機野菜・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス

らでぃっしゅぼーやは、28年以上続く定期宅配サービスの老舗です。 皆様の食卓に、有機・低農薬野菜&無添加食品お届けします。 【1】「らでぃっしゅクラブ」…中身の変更が可能!無添加食品も届きます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎野菜だけでなくお肉・お魚やお惣菜も欲しい人におすすめ!…

続きを読むread more

リクルートの「じゃらんnet」(宿泊予約)の良いところ

リクルートの「じゃらんnet」(宿泊予約)の良いところ 日本国内の宿・ホテル予約サイト。ユーザーは、自分好みの宿を検索・予約ができます。 また、エリア内の「食べる」「見る」「遊ぶ」「買う」に関する情報や、モデルコース案内などの情報も満載。 個々の宿には、過去の旅行者の口コミ情報が寄せられており、安心して満足のいく宿を選ぶことが…

続きを読むread more

ライフ・ワークとフィールド・ワーク。電通の「鬼十則」から仕事を考える。

ライフ・ワークとフィールド・ワーク。電通の「鬼十則」から仕事を考える。 「ライフ・ワーク」:人生一生涯の仕事のこと。私は無職だが、「学ぶ人」として生きることを人生の仕事だと考えて日々活動している。新しい習い事、社会のニュース・情報を知ること、人間を観察(マン・ウォッチング)をして出会った人を観て、人間の意味を学ぶこと教えを受け…

続きを読むread more

人間ダイナモのはなし

子供の頃にみたテレビや、映画や、漫画や、小説から受けた感動が、今のわたしをつくっている。12歳の小学六年生の時に想った、将来の夢は「人を感動させる物語を(作品)を作る人になりたい」だった。 無声映画時代に喜劇王となった、チャップリンの白黒映画をテレビで見て、彼が映像のスクリーンを通して伝えようとしているモノのを、そのシンプルな世界…

続きを読むread more

マイクロソフト・ワードで作った申年の年賀状(試作)

歳をとると、喪中の人が増えて、年賀状を出そうとしても、ご挨拶ご辞退のハガキとか、この時期よく来る。 年賀状を出す習慣は、少々減ってきているとか、最近よく聞く。 ならば、気張って作ってやれと思って、試作してみた(笑) パソコンおたくで、ちょっと遊びすぎかな!(笑) Microsoft Office Home and B…

続きを読むread more

幼稚園の教育指導要綱にある「基本的な生活習慣の形成・習得」

35年程前、当時、自分は幼稚園教諭の二級普通免許、小学校教諭二級普通免許、保母資格(当時)が修得できる短大に学んでいたのだが、時代は様変わりして、保母さんという言葉はなくなり、保育士と総合して言われるようにもなり…と、随分歳を取ったものだが、幼稚園は教諭(先生)というので文部科学省の管轄。一方、保育園は厚生労働省の管轄。近年、認…

続きを読むread more

ビジネス、コミュ障害のお作法。『礼儀』は身をたすける。

沖縄の守礼門(しゅれいのもん) 二千円紙幣の表にも描かれていてる沖縄の守礼門。琉球(沖縄)は東シナ海に浮かぶ島国で、大陸の中国や日本の江戸時代の薩摩藩など様々な国や人間が船に乗ってやって来る。そして琉球の人達もそれらの人々と交流・貿易をして暮らしていた。守礼門とは、つまり外部の人間に琉球が侵略されないためのお迎えの玄関の門のこ…

続きを読むread more

ヒップホップと、ポピュラリティーと、NHKのトレンディ・ドラマ

用語解説~: ヒッピー:1960年代にアメリカに出現した若者の集団(既成のモラルや慣習にとらわれない自由な生き方を選んだ。異様な服装、フリー・セックス、マリファナなどで象徴されることもある)学習研究社『カタカナ新語辞典・第3版』より ヒッピー:(広辞苑より)既存の制度・慣習・価値観を拒否して脱社会的行動をとる人びと。また、その運…

続きを読むread more

勤労感謝のこころ

働くとは、じぶんの時間を自分以外の人のために使うことだ。他人様の為に仕える(つかえる)役(えき)をすることだ。 仕事をして得られる賃金・報酬は、一部に苦役(くえき)を伴う奉仕をした自分の汗に対して支払われるお金なのである。肉体に汗を流すこと、頭脳に汗をかくこと、技能を役立ててその技(わざ)を発揮することの汗に対してのみ、与えられる…

続きを読むread more

アフロディーテ(愛と美の女神の話)

「清く、正しく、美しく」は日本の宝塚歌劇団のモットーであるそうだが、人間の美意識にまつわるお話。じぶんは若い頃、小説本が好きで、自衛隊へ決起を呼びかけに乗り込んで行って、割腹自殺を遂げた三島由紀夫(ボディービルにも通って自分の肉体美も鍛えていた)、老いをさらすことを厭ってガス自殺をしたノーベル文学賞作家の川端康成、芥川賞の芥川龍…

続きを読むread more

恋する稀勢の里

2014年、新年の初詣ででは、自分は我が家の家内安全と無病息災を祈り、そして大相撲2014年1月場所での大関/稀勢の里の優勝を願掛けしようと思っています。 2006年1月場所の大関/栃東以来、日本人の優勝力士は実に8年近く誕生していない。そして、今横綱の地位に一番近い男が、1986年生まれ27歳の、茨城県牛久市出身の大関/稀勢の里…

続きを読むread more

震災復興 東北楽天イーグルス日本一 嶋捕手の笑顔

昨夜は、日本プロ野球の盟主と呼ばれる読売巨人軍ジャイアンツを破って、新興の弱小チーム(創設9年目の)の東北楽天イーグルスが初の日本シリーズ優勝を勝ち取った。 自分は、1974年(昭和49年/自分は中学二年生だった)の長嶋茂雄さん現役引退の時の「栄光の我が読売巨人軍は永久に不滅です」の言葉以来、アンチ巨人ファンになって久しい。40年…

続きを読むread more

半沢直樹と石部金吉鉄兜(いしべきんきち、かなかぶと)

TBSテレビの、日曜日・午後9時からのドラマ枠で放送されている「半沢直樹」は、高視聴率を上げていると聞く。私の周囲にも見ている人がいて、その人は定年退職を終えた団塊世代のおじさんだったりする。テレビ局のターゲットは30代男性を当て込んだそうだが、結構、老若男女誰もが見ているとみた!。 バブル経済末期の日本の銀行が舞台のドラマだ。そ…

続きを読むread more

孤独と孤高のおはなし Festina lente =フェスティーナ・レンテ (悠々とゆっくり急げ)

思春期を経て、青年期の入り口で孤独を感じることは、誰にでもよくあることだ。孤独感の度が強すぎると、よく精神の病にもなります。 じぶんは、若い頃、“孤高を気取って生きる”って言葉を信じていたことがあったが、52歳の現在ではなんて青臭くて、バカな考えだったのだろうと思う。 若いと自分自身の値打ち、価値にこだわりを持つ。自分が価値…

続きを読むread more

「リフレはヤバい」「リフレは正しい」日本の経済のゆくへ

リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)ディスカヴァー・トゥエンティワン 小幡 績 Amazonアソシエイト by リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済PHP研究所 岩田 規久男 Amazonアソシエイト by 経済のリフレ(リフレーション)とは、しばしば「通貨再膨張」とも訳され、インフレをわざと起こさせる政…

続きを読むread more

心は丸いのが良い

先日、人の背骨(バックボーン)の話を書いたので、今度は心棒のはなし。 心のあり方は、丸くあるのが良い。円と書いて“まどか”と読むが、まどかさんという女の子の名前もある。平面なら円。立体なら球だ。夜空にかかる満月を愛でたり、日本の古い建物にある円形の窓をしつらえた茶室だとか、丸いテーブル(円卓)には、上座も下座もなく、みんなが平等に…

続きを読むread more

“バック・ボーン”人生の背骨のはなし

JR新幹線は、新しい幹(みき)=幹線の鉄道という意味だ。東海道新幹線が一番先に開通した。それはだから、江戸時代からある東海道五十三次の幹線道路沿いに新しく出来た鉄道ってこと。 背骨のないナマコのような生き物は、とらえどころがない、なまくらモノだ。人も同じである。背骨がないと人間立つことは出来ない。 人のバック・ボーンとは、その人…

続きを読むread more

鈴木健二著「心づかいの技術」“気くばりおじさん”の新刊新書

相手の本心に気付いていますか? 『気くばりのすすめ』から30年… 今こそ伝えたい日本人の心のしきたり。 今こそ伝えたいことがある――NHKアナウンサーとして大人気を得、四百万部を突破したベストセラー『気くばりのすすめ』で知られる著者が、新たに書下ろした「心」のテキスト。他人の本心の気付き方、「思いやり」の特効薬、個性を伝える…

続きを読むread more

敬語の使い方のコツ(尊敬語、謙譲語、丁寧語)ミニ知識

日本語の敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の三つがある。 尊敬語は、相手が自分よりも、立場的に「目上の人」の場合に、相手を敬う(うやまう気持ち)を込めて使う言葉です。先生が何か言葉を発言したときに。「先生がこうおっしゃった」という風に使う。これは漢字に表わすと「仰せになった」です。先生だから敬う意味で“仰せ”の文字が使われる。「いら…

続きを読むread more

人生&就活案内 他人に盗まれない技能を持つ

今の時代は、とかくに世知辛い。 企業に入社するとは、会社に自分の席を確保することだ。自分の座るべき収入を得られるポストを社会に持つことだ。それには競争がある。せっかく得た席でも維持するのにこれまた人と争うことになる。 自分は昭和35年生まれのオバサンだが、子供の頃、明治生まれの年長者から、将来、職に就くためには、他人に盗まれ…

続きを読むread more

自分を愛する力 (講談社現代新書) 乙武 洋匡 (著)

五体不満足の乙武さんが著わした、初の新書本。 生まれつき手足がないという障害をどのように受け入れて、「自己肯定感」という感慨を手に入れたのか。 健常者であっても、心の中や、外部的な環境や自身が所持している状況に、様々な「ハンデ」を持っている。ハンデ(=障害)をありのままに認めると、人間は気持ちが楽になりますよ。 或いは…

続きを読むread more

社会人一年目の新入社員に薦めたい、新潮文庫、山口瞳 著『礼儀作法入門』420円

「気持ちよく世の中とつきあいたい」なのに「ちっともうまくいかない」と悩んじゃってる21世紀人たちへ。 礼儀作法とは何か。それは「他人に迷惑をかけない」ことだと、山口瞳はいう。そのためにも「まず、健康でなくてはならない」と。世に作法の本は数あれど、礼儀を人づきあいの根本から教えてくれる書物は意外に少ない。「電話いそげ」「パーティーの…

続きを読むread more

渥美清&山田パンダ 浅草日記 お母さんの生きがい(動画 youtube)

毎日がお祭りみたいな浅草の、その情景を歌った星野哲郎作詞のうた。 ♪しゃがみ込んだら、つぶされる。頭上げれば、こ突かれる。みんな見てるさ 観音さまは 負けちゃだめよと 手を握る。 人の生き甲斐は、地球を回している人間の営みのはしくれに、自分もしがみついて、神様、お天とうさま(=太陽)に見守られて、一所懸命に生きていくその…

続きを読むread more

羽ばたけ“ひよこ”&“ひよの山”、そして「そっ啄同時」…

現在、大相撲の3月場所(3/10~3/24)が大阪で開催されています。 相撲協会もファンを増やすために、色々なことをやっています。 ひよの山ってのは、ひよこがモチーフなのでしょうか? 戦後間もない頃の日本には、中学生などの集団就職っていうのがあって、地方の田舎から東京・上野駅に、就職列車で上京して来ました。雇い主たち…

続きを読むread more

日本のロスト・ジェネレーション(ロスジェネ)のこと

 団塊ジュニアと検索したら、第2次ベビーブーマーの1971年~1974年生まれとでた。続いてポスト団塊ジュニアなるものがあって、これが1975年~1979年生まれなのだそうだ。  ログ記事をググると、1980年(昭和55年)生まれ前後の人が、自分たちはロスト・ジェネレーション(失われた世代、喪失の世代、さまよえる世代)だと言ってい…

続きを読むread more

今、安倍内閣の成立で、ブルー・カラー(ガテン系)の求人がねらい目!

 昨年の暮れに起きた高速道路(笹子トンネル)の崩落事故は、昭和の時代に造られた建造物の老朽化を露呈していた。    アベノミクスという言葉でもて囃されている、今回成立した自民党安倍内閣の経済再生の目玉は、公共事業に対する大幅な予算の追加だ。    最近の潮流として、熟年世代を中心に、住宅の建替えや新築などで土木建築業は、とても潤…

続きを読むread more

ノンポリのすすめ

 60年代後半から70年代初期にかけて、使われた言葉ノンポリ。ノンポリ学生などという。当時の潮流であった全共闘だのなんだのの学生運動や、政治的な活動に無関心であった人を指す言葉。ノン・ポリティカル(非政治的)の略。  今、テレビの車のコマーシャルで、北野武が権力じゃなくてやっぱり愛だろなんて言っている。自分は普通の一般的な社会、会…

続きを読むread more