沙菜子の本マルシェ

アクセスカウンタ

Amebaブログ『沙菜子の和敬清寂blog』更新中

zoom RSS ZENの言葉。「少欲知足」「放てば手にみてり」「平凡の非凡可」

<<   作成日時 : 2018/03/07 08:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


ZENの言葉。「少欲知足」「放てば手にみてり」「平凡の非凡可」

大人のたしなみ「少欲知足」。この世で最高のものは「平凡」。

真の大人ならば、身につけているべき心の有り様。人間、欲がなくては生きてはいけないが、欲は大きく五つあると言われる。財欲、色欲、食欲、名誉欲、睡眠欲(怠け心)この中でまだ手に入れていない状態の欲を求める心を少なく持てということ。そして今持っているモノの欲について足るを知ること。

少欲知足という言葉をじぶんが始めて目にしたのは、新聞のコラムからだった。元プロ野球ジャイアンツの投手、堀内恒夫さんの書いた文章からだった。自分が四十歳になる頃読んだ。

これも仏教のことばで、「放てば手にみてり」。自分が持っているもの、執着しているものすべて、手放してしまうと、実は心が大切なもので満ちるというもの。

上の二つのことを自分は知って、少しだが実践するようになったら、わたしは幸福を感じる生き方が出来るようになった。こころが豊かになってゆとりを持って穏やかに暮らせるようになった。

この世のことはすべて有り難い。【平凡】がこの世で最高のものだということにも自分は気付いた。「凡夫」という言葉は、瀬戸内寂聴さんの書いたものから知った。

財産欲、恋愛欲、名誉欲(人気)、人を自分が追うから、だから人生から自分が追われる。それでもお金を追いたいとかいう人がいるのなら、「自分がまいた種は自分で刈れ」だ!自己責任において結論をだせばよろしい。

追うことを止めると、ただ誠実に人に接することに努めると、或る時、良縁は向こうからやって来るものさ!人生はそうしたものだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントはどなたでも書き込めます。管理者の確認の後、公開表示になります。私信としてもお使い頂けます。
ZENの言葉。「少欲知足」「放てば手にみてり」「平凡の非凡可」 沙菜子の本マルシェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる