ブロガー考

 少し古い話題だけど…(笑)先日、livedoor が企画した「ブログ奨学金」の2010年度、第一期奨学金受給者のブログが決定した。

 こちらが5月に発表になっていた募集のニュース記事↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/26/news044.html

 「ブロガーに最大300万円の援助 ライブドア『奨学金』アルファブロガー育成」と見出しにある。ふれこみは、月間1万PV以上を稼ぐブログを対象に返還義務なしで、奨学金を出してくれるというもの。

  受給種別及び年間支給予定総額
  ・特待生:300万円
  ・第一種奨学生:120万円
  ・第二種奨学生:60万円
  ・第三種奨学生:30万円

 9月初旬に決定した、第一期受給者のブログ一覧はこちら→
http://scholarship.livedoor.com/recipient01.html
 
 この募集記事を読んだ時、自分は月間1万PV(ページ・ビュー、閲覧数の意味)の実感が伴わなかった。一日平均にすると333PV。これは一日平均333人の訪問者数ってことなのか?世の中には、ユニーク・ビジター数なんて数値もある。これは新規のリロードしない数とかいう意味だったと思う。
 
 うちの「沙菜子の本マルシェ」というブログは、上の数値にいくのには、かなり無理がある。ウェブリブログのアクセス解析で過去に記録した月間PV数の最高値は5,308。ブログ更新回数で21日だ。一日に記事を二つ以上書いて、毎日更新して、連動しているtwitterで毎日つぶやいたら、或いは可能かもしれないが…(笑)毎日更新なんてちょっと無理だわ。そのペースを一年以上継続する事に、実感が湧かない。
 
 他には、去年第6回の開催を数えた、「アルファブロガー・アワード」なんて催し物がある。アルファブロガーとは、(多くの読者に読まれている、影響力のあるブロガー)の意味だそうだ。2007年の募集記事にブログ界の芥川賞って広告が出されていて、ちょっと笑った。
http://alphabloggers.com/
 
 ネット・ユーザーを19年やって来て、最近思うこと…。インターネットっていうメディア(=広告)は、やっぱり『局地的ゲリラ』みたいなものだなぁ~という事。パソコン通信のBBS(掲示板)が隆盛を極めた頃に、この現象を称して「便所の落書き」と言った人がある。アメリカで「インターネットはからっぽの洞窟」なんて本を書いた人もいる。どちらもネットの側面として、とても的を射ているセリフだ。その通りだと私は思う。ブログは田舎の公民館の壁新聞、ネット広告は、民家の塀に張られた昔のブリキの看板と大差ないような気もするんだよね…(笑)。twitterの肝は所詮「ゆるい繋がり」で、つぶやいてナンボの僅かな利用価値、その程度。
 
 この感慨は私の世界が小さいからなのかもしれない。その先の将来の展開ではビッグバンのようなことが起こることもあるのかもしれないとも思う。続きが知りたくて、今日も私はオンラインに繋いでいる。

アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから (NT2X)
翔泳社
FPN

ユーザレビュー:
ブログやったら人生が ...
人々に支持されるブロ ...
山本一郎がアルファブ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから (NT2X) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
技術評論社
WINGS プロジェクト 高江 賢

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2010年09月30日 16:40
インターネットは「局地的ゲリラ」とこの記事をアップしたら、ネットのニュースに、携帯電話の掲示板に渋谷で大量殺人をしませんかと募った書き込みをしたとして、男が軽犯罪法違反容疑(あおり行為)で摘発、書類送検されたと出ていた。確かにゲリラは戦闘(犯罪行為)にもなりますね。

この記事へのトラックバック