沙菜子の本マルシェ

アクセスカウンタ

【Spotlight スポットライト】by CyberAgent

◎米ぬか美人◎

アマゾンで本を買おう

zoom RSS へたな人生論より徒然草

<<   作成日時 : 2013/09/17 13:25   >>

トラックバック 1 / コメント 0

賢者の知恵が身につく“大人の古典”兼好法師の『徒然草』

世の中は、せちがらい。だから“身軽”に生きるのだ。両面から、物事を見よ。著者の荻野文子先生のことばです。有名な序文「つれづれなるままに…」で始まる、誰もが一度は触れたことのある古典文学の徒然草。隠遁者の説教じみた「無常観の書」と思われがちな書であるが、その実体は、合理的な思考と鋭い洞察力に富んだ、確固たる「価値観の書」であった。名僧でも天才歌人でもない、“何者でもなかった人”の柔軟な精神が生んだ、人生を身軽に生きるためのヒント。

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、
心にうつりゆくよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。


人は天地の霊なり。天地はかぎる所なし。人の性なんぞことならむ。寛大にしてきはまらざる時は、喜怒これにさはらずして、物のためにわづらはず。
(人間は天地の間で最も霊妙なものである。天地には際限がない。人間の性質もどうしてこれと異なることがあろうか。心が寛大で際限なくおおらかな時は、喜びも怒りもその心を妨げることがなく、外的なもののために心が煩わされることはないのである。)「徒然草」第211段より。

「へたな人生論より徒然草」 河出文庫 

著者:荻野文子(おぎの あやこ)兵庫県西脇市生まれ。上智大学文学部国文科卒。1985年に予備校講師となり「マドンナ先生」として人気を博す。東進ハイスクール客員講師として、自作のVTR授業を同校の衛星放送に配給している。

もくじ
第一章 観る 世間という魔物の正体を観察する

陰口、むだ口、差しで口…、自覚のない世間話は恐ろしい
流言や迷信に人の心はつい踊らされてしまう
思わぬ不幸を招く「知ったかぶり」と「付和雷同」
愛すべき嘘つき、巧妙で危険な嘘つき
けっきょく騙される多数派、人の本質を見抜く少数派
真に道を究めた者は“獣の争い”をしない
なにもしない批評より偽善でも行動を
群衆に呑み込まれて理性を失う恐ろしさ
世間の「無関心」は死後に際立つ

第二章 つき合う 疎み(うとみ)疎まれずに人とつき合う極意

いつもと違う距離をおいて新鮮な関係を保つ
不意の訪問をして喜ばれる人、嫌われる人
友にしてはいけない七種類のタイプ
素朴な男心と複雑な女心がうまく寄り添うために
つまらぬ結婚は愛を卑しくする
若き者は怒濤のごとく、老いたる者は大河のごとく
人を質する愚かさ、わが身を正す大切さ

第三章 捨てる あれもこれもの欲望をいかに捨てるか

名誉欲、色欲、食欲はすべての苦悩の根源
余りある財産は苦労と愚行をもたらす
名声は非難のもと、地位も学才も妄想のひとつ
底なしの魔力を秘める「愛」という名の欲望
心の闇に潜む歪んだ「いじめ」の快楽
この四つさえあれば本当は幸せに生きられる

第四章 暮らす こころ穏やかに日々を暮らすために

わざとらしさのない心安らぐ自然な住まい
家主の品性はインテリアが語る
無責任な飼い主はペットも他人も傷つける
心を狂わす深酒、心を通わす一献
度を越した座興は、冷笑 興ざめのもと
向こう見ずな素人、最悪に備える専門家
政治家の意識と目線で私たちの暮らしは決まる

第五章 高める わが身を内から支える品性と教養の高め方
あらゆる長所も品性あってこそ
自然を感受する心が、人間らしさを育む
人目のない時ほど品のある振舞いを
上品か下品かは会話ひとつにも表れる
未熟な初心者こそ一流の人に混じって学べ
真の学問とは自分を知ること
「点」でとらえず「プロセス」で見る

第六章 極める 別れがあり、いつかは死ぬ。限りある人生をどう極めるか

風に散る花のように人の心は移ろいやすい
人生は一日として思いどおりにならない
一生は一瞬の積み重ね、ひたすら今を大切に
短い一生だからこそものごとに優先順位を
大事なことを成し遂げるには、まずは環境から整える
「悲愴な決意」は空転のもと、重い決断こそ静かな心で
「死」と向き合って一日一日を丁寧に生きる

第七章 生きる 自分らしく生きるために つれづれの境地にあそぶ

天地のようにおおらかな心で生きる
わざとらしい演出より自然体の配慮を
他人への「やさしい目線」は自分自身をも救う
安心は失敗のもと、完璧は破綻の前兆
偏見や先入観が自分の世界を窮屈にする
閑寂のなかで「つれづれ」を楽しむ




ヘタな人生論より徒然草 (河出文庫)
河出書房新社
荻野 文子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘタな人生論より徒然草 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著)
NHK出版
2011-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
沙菜子の本マルシェ “こころ”ログ (記事集)
当ブログの過去ログより、心をテーマに取り上げた、内省的な内容の記事を集めてみました。 ...続きを見る
沙菜子の本マルシェ
2016/01/27 05:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメントはどなたでも書き込めます。管理者の確認の後、公開表示になります。私信としてもお使い頂けます。

リバテープ製薬

人気ブログランキングへ

沙菜子のtwitter

和敬静寂Blog

You Tube
沙菜子チャンネル

プロフィール

お名前.com

BIGLOBEモバイル

へたな人生論より徒然草 沙菜子の本マルシェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる